森幸路 池坊いけばな教室/プロフィール

Message

はじめまして。森幸路と申します。

「玄関にお花が飾れたらいいな」

そんな気持ちから池坊いけばなと出会い、今日があります。

池坊いけばなを通して、尊敬する恩師に恵まれ、多くの友人と繋がることができました。

お稽古を重ねるうちに、自分に足りないものに気付き、また反面、自分にしか表現できないことがあると確信しました。

和の文化であるいけばなのお稽古は、継続するほどに、その人柄の上に、陰影や豊さが漂ってくるものだと感じています。



  「いけばな」は池坊から始まりました

池坊いけばなは日本で最初に誕生した最古のいけばなです。

池坊いけばなは、美しく咲いた花だけでなく、蕾には明日への希望を、朽ちた枯れ枝にはその命の終焉に共感します。

  池坊いけばなには、3つのスタイルがあります

自由花-Free style-


最初は自由花からお稽古を始めます。

自由花は型のない、自由な発想、表現ができる生け方です。

ここでは、いろいろな植物に触れて、草木の見方や活かし方を習得していきます。

はさみの使い方を覚えたり、はじめて見る植物に出会ったりと、大発見の連続です。

生花-Shouka-


草木の扱いに慣れて、お稽古が進むと、次は生花に進みます。

生花は、長い間に磨きあげられた無駄のない、端正な美しさが特徴です。

草木の、誕生から終焉までを一瓶にいけあげるドラマがあります。

日本人が育んできた美観を学ぶことにより、自分の中にある日本人力が目覚めていきます。

立花-Rikka-


更にお稽古を重ねると、いよいよ立花が立てられるようになります。

立花は、複雑な構成と華やかさで見る者を魅了します。

この段階までくると、自分で選んだ草木で、自分の想いを表現できるようになります。

花は、時として、不思議なほどの力を持っています。

喜びも悲しみも、花が吸い取ってくれて、心が和み、無心になれるのです。

花は、その生命に限りがあることを知りながら、生命を燃やし尽くすまで、私たちを励ましています。

どうぞ、皆さまに心豊かな花との時間を楽しんでいただきたいと願っています。


池坊いけばな 森幸路


池坊いけばな城北教室 /池坊いけばな殿町教室/たのしいいけばなこども教室 主宰

華道家元池坊華道教授 職位 華督(最高職)

華道家元池坊松江支部幹事

池坊いけばな同好会「花ぷらす」幹事

花育アドバイザー

1987年 華道家元池坊入門 紀幸子氏師事

2015年 池坊中央研修学院総合特別科修了

2017年 池坊中央研修学院小林春荘立花研究室修了

池坊中央研修学院たちばな賞受賞

中国五県連合花展コンクール佳作受賞